コインチェック 再開時期は、いつ?2018年6月にも全面再開か。再開したら、相場はどうなる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月6日、証券会社を運営するマネックスグループが、コインチェックを買収することが決まりました。

ニュースでもさんざん報じられたように、コインチェックは、1月26日にNEMの流出事件を起こし、様々なサービスが停止したままとなっています。

マネックスグループによる、コインチェックの買収会見の中で、コインチェックのサービスの再開に関する見通しが一部発表されたので、ここでは、コインチェックのサービス再開はいつになるのか?を中心に解説します。

コインチェックの、現在のサービス再開状況

コインチェックでは、NEM流出事件以降、少しずつサービスを再開してきました。

2018年4月8日時点で再開されているサービス、再開されていないサービスを挙げてみます。

再開されているサービス

まずは、再開されているサービス(できるようになったこと)から。

・日本円の入金

・日本円の出金

・ビットコイン(BTC)の購入、出金、売却

・イーサリアム(ETH)の出金、売却

・イーサクラシック(ETC)の出金、売却

・リップル(XRP)の出金、売却

・ライトコイン(LTC)の出金、売却

・ビットコインキャッシュ(BCH)の出金、売却

・リスク(LSK)の出金、売却

・ファクトム(FCT)の出金、売却

・オーガー(REP)の出金、売却

・ダッシュ(DASH)の出金、売却

・ジーキャッシュ(ZEC)の出金、売却

再開されていないサービス

まだ再開していないサービス(できないこと)は以下のとおりです。

・ビットコイン(BTC)の入金

・イーサリアム(ETH)の購入、入金

・イーサクラシック(ETC)の購入、入金

・リップル(XRP)の購入、入金

・ライトコイン(LTC)の購入、入金

・ビットコインキャッシュ(BCH)の購入、入金

・リスク(LSK)の購入、入金

・ファクトム(FCT)の購入、入金

・オーガー(REP)の購入、入金

・ダッシュ(DASH)の購入、入金

・ジーキャッシュ(ZEC)の購入、入金

・ネム(XEM)の購入、売却、入金、出金

・モネロ(XMR)の購入、売却、入金、出金

・アフィリエイト

・キャンペーン
マーケットメイカー出来高ランキング、二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーンなど

こうして見てみると、現時点では、まだ半分くらいしかサービスが再開していないんだなあ。という印象です。

サービスの全面再開はいつ?

さて、皆さんが一番きになっているであろう、サービスの全面再開はいつ?という疑問です。

4月6日に開かれたマネックスグループによるコインチェックの買収会見で、サービスの全面再開は、2ヶ月以内を目標としている。という発言がありました。

金融庁による認可とセット

現在、コインチェックは、仮想通貨交換業者に登録されていない、みなし業者という位置づけです。

サービスの全面再開にあたっては、起こしてしまった事象などを考えると、金融庁の認可を受け、正式に仮想通貨交換業者として登録されることとセットであると考えている。との発言がありました。

つまり、2ヶ月程度で仮想通貨交換業者としての登録をすることができ、その上でサービスの全面再開を実施する。という計画のようです。

もちろん、2ヶ月で登録することができるのか。は金融庁が決めることなので絶対にできるかどうかは分からない。といったニュアンスの発言もありましたが、相当にコミュニケーションを取って今回の買収に至っているようなので、おおよそ2ヶ月を目処に再開。という発言の信頼性は高いと思って良いでしょう。

匿名通貨の取扱は?

以前からコインチェックがなかなか認可されない理由になっているのではないか?と言われているものとして、匿名性の高い通貨(XMR、DASH、ZEC)の取扱があります。

会見の中では、金融庁と調整をして決めることだ。という発言がありましたが、これら3通貨に関しては、取扱い終了となる可能性が高いのではないかと思います。

ネムは引き続き取り扱う

事件の発端となったネム(XEM)の取扱は、継続する方針だ。と明言されたので、XEMはいずれ取扱が再開されることになるでしょう。

今後の情報開示に期待

会見の終わりには、今後も必要な情報を公開していく。との発言がありました。

もし、2ヶ月以内に全面再開できないのならできないで、その理由や新たな見通しを発表することで、さらなる信用の低下を防ぐことができると思います。

これからも、業務再開に向けての進捗状況など、適切な情報開示に期待したいところです。

仮想通貨相場への影響

コインチェックの今後の動きによって影響があると考えられるのは、XMR、DASH、ZECの3通貨です。

基本的に、取り扱い終了が発表されれば下落、継続が発表されれば上昇と考えていれば良いかと思います。

ただ、ある程度取扱の終了という方向で織り込まれていると思うので、市場へのインパクトという点では、取扱継続という発表の方がサプライズになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする